伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ9℃ / -4℃今日の天気:南信
晴れ11℃ / -4℃2月18日(月)
曇のち雨11℃ / -1℃2月19日(火)
曇時々雨19℃ / 4℃2月20日(水)
晴時々曇14℃ / 1℃2月21日(木)
曇一時雨12℃ / 2℃2月22日(金)
曇一時雨13℃ / 1℃2月23日(土)
172/(日)

ニュース

立春朝搾り出荷 イメージ通りの味に

最高気温は午前5時17分の12.6度

最高気温は午前5時17分の12.6度

4日は立春です。
日本酒「信濃錦」の蔵元伊那市荒井の宮島酒店では搾りたての生原酒「立春朝搾り」の出荷作業が早朝に行われました。
午前5時半、伊那市荒井の宮島酒店です。
4日の伊那地域は、最高気温は午前5時17分の12.6度と3月下旬並みの気温となりました。
宮島酒店では未明から瓶詰め作業を行い、午前5時ごろから中南信の酒販店の関係者が参加してラベル張りをしました。
立春朝搾りは、立春の日の早朝に搾りあがった生原酒をその日のうちに味わってもらおうと、宮島酒店では18年前から販売しています。
酒米は、高遠町山室で栽培した美山錦を使用しています。
今年は、720ミリリットル入りが1,600円、一升瓶が3,200円と、原材料の高騰により100円から200円値上げしたということです。(税抜き)
立春朝搾りは、全国の蔵元有志が共同で行っている企画で、今年は45の蔵元が参加して30万本をつくりました。
宮島酒店では去年より300本ほど少ないおよそ3,700本を出荷しました。
「イメージした通りの味に仕上がった」と関係者は話します。
午前8時からは神事が行われお祓いをし、その後早速味や香りを確かめていました。
立春朝搾りは予約制ですが、伊那市日影の酒文化いたやで数量限定で販売しているということです。

前のページに戻る 一覧に戻る