伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴のち曇23℃ / 7℃今日の天気:南信
曇のち晴26℃ / 12℃4月22日(月)
晴時々曇24℃ / 13℃4月23日(火)
曇り20℃ / 12℃4月24日(水)
曇時々雨21℃ / 13℃4月25日(木)
曇一時雨23℃ / 8℃4月26日(金)
曇時々晴18℃ / 5℃4月27日(土)
214/(日)

ニュース

劇団歩 第12回定期公演

箕輪町文化センター付属劇団「(あゆみ)」の第12回定期公演が昨夜から始まりました。
今回の演目は三島由紀夫作の「班女(はんじょ)」と「葵上(あおいのうえ)」の2作です。
「班女」は扇を交換しあった男を待ち続ける女と、その女と一緒に暮らす女流画家の物語です。
物語の後半では、待ち続けていた男が2人の前に姿を現します。
「葵上」は、入院した妻を見舞う夫のところに、夫のかつての恋人が生霊となって現れるという、女性の情念を描いた作品です。
初回となった昨夜は50人ほどが訪れました。
劇団「歩」は平成15年に旗揚げ公演を行い、現在は上伊那に20人ほどの団員がいます。
演出を手掛ける飯島岱(いいじまたかし)さんは「三島由紀夫の独特の感性で書かれた脚本で人間の本性を描きだしたい」と話していました。
定期公演は24日まで箕輪町文化センターで行われます。
入場料は大人2000円、高校生以下1000円です。
 
 

前のページに戻る 一覧に戻る