伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇り22℃ / 13℃今日の天気:南信
晴時々曇23℃ / 12℃10月16日(水)
曇時々晴23℃ / 11℃10月17日(木)
曇一時雨19℃ / 13℃10月18日(金)
雨20℃ / 14℃10月19日(土)
曇時々晴22℃ / 13℃10月20日(日)
曇時々晴21℃ / 11℃10月21日(月)
1510/(火)

ニュース

スマート農業東春近で実証

ロボットトラクターや自動で水管理ができるシステムを導入し稲作の効率化やコスト低減の効果を確認するスマート農業技術の実証が伊那市の東春近で今年度から始まります。
10日は、東春近のJA上伊那春富支所で信州伊那谷スマート農業実証を行う共同事業体の設立発表会が行われました。
実証は、県や伊那市、農事組合法人田原など12の機関が連携し行うものです。
実証は、農林水産省の実証事業で採択された農事組合法人田原の農場15ヘクタールで行われます。
取り組みとして、ロボットトラクターやドローン、自動で水管理ができるシステムを導入し、稲作の作業の効率化やコスト低減の経営的な効果を実証します。
10日は、実証に使用する直進をキープする機能付きのアシスト田植え機のデモンストレーションも行われました。
ハンドルから手を放したままでも機械が直進し自動で精度高く植え付けができるということです。
実証農場で5月初旬にこの田植え機を使用することになっています。
他に、ドローンで撮影した画像による生育管理や遠隔地からスマートフォンで水田の給排水を行うなど8つの実証・研究を行うことになっています。
スマート農業技術による実証は来年度までの2年間行われることになっています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る