伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
雨時々曇26℃ / 21℃今日の天気:南信
曇時々雨30℃ / 21℃7月23日(火)
晴時々曇32℃ / 20℃7月24日(水)
曇時々晴32℃ / 20℃7月25日(木)
曇時々晴31℃ / 22℃7月26日(金)
曇時々晴31℃ / 22℃7月27日(土)
曇時々晴32℃ / 22℃7月28日(日)
227/(月)

ニュース

伊那市のそば分析結果公表

地元産そばのブランド化を目指す伊那市は昨年度、信州大学農学部に依頼し市内で栽培されたソバの成分分析を行いました。
分析した結果、伊那市産のソバは、有名産地より味がやや上回っているということです。
24日市役所で開かれた定例記者会見で信州大学農学部の井上直人()教授が結果を報告しました。
調査は、伊那市の依頼を受け信大農学部が昨年度実施したものです。
伊那市内66か所からJA上伊那を通じて1地点あたりおよそ200gの玄ソバを集めました。
主に長野県の品種信濃1号を収集し、北海道や福島県の他、中国やモンゴルなど15品種と比較しました。
その結果、代表的産地のそばと比較すると、味がやや上回り、やややわらかく香りは同等と考えられるとしています。
味、香りともに他地域にひけをとらないということです。
特に伊那市長谷で栽培している入野谷在来は香りが飛びぬけてよいということです。
結果を受け白鳥孝市長は「これから栽培方法をさらに研究をしてブランド化を進めていきたい」と話していました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る