伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇一時雨23℃ / 16℃今日の天気:南信
曇一時雨26℃ / 17℃9月22日(日)
大雨26℃ / 21℃9月23日(月)
晴時々曇28℃ / 16℃9月24日(火)
晴時々曇28℃ / 14℃9月25日(水)
晴時々曇27℃ / 15℃9月26日(木)
曇時々晴27℃ / 16℃9月27日(金)
219/(土)

ニュース

鹿児島系の牛 バイテクで増やそう

上農高校で受精卵移植

上農高校で受精卵移植

 南箕輪村の上伊那農業高校で、品質の良い鹿児島系の肉牛を増やそうと、受精卵の移植が16日に行われました。
 上農高校には鹿児島系の牝牛が1頭いて名前は「ふくよ」です。
 上農高校では、肉質が良いこの鹿児島系の牛を増産したいと考えていますが、過去に4回「ふくよ」が出産したのは すべて牡牛で出荷するしかありませんでした。
 そこで、バイオテクノロジーの技術を使って鹿児島系を増やすことにしました。
 16日は、上農高校の牛の繁殖に協力している箕輪町にラボを持つ小松(こまつ)洋太郎(ようたろう)獣医師に依頼し、受精卵移植を行いました。
 移植の様子を生徒たちが見学しました。
 「ふくよ」にはホルモン剤を投与し複数の卵子を排卵させ、血統が良い鹿児島系の牡牛の精子を人工受精させてあります。
 子宮内に液体を流し込み、受精卵を取り出します。
 顕微鏡で調べると、3つの受精卵が採取できていました。
 この3つの受精卵を、違う3頭の牝牛の子宮に移植していきます。
 移植を行ったのは、上農高校の卒業生で受精卵移植師の資格を持つ(しば)勇一郎(ゆういちろう)さんです。
特別なカテーテルを使って、受精卵を子宮に注入していました。
  受精卵が受胎したかどうかは、40日ほどで分かり、出産は来年2月中旬になるということです。
なお、受精卵移植を行っている高校は全国的にも珍しいということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る