伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇のち雨33℃ / 23℃今日の天気:南信
雨のち曇32℃ / 23℃8月22日(木)
雨30℃ / 22℃8月23日(金)
曇一時雨30℃ / 21℃8月24日(土)
曇一時雨28℃ / 19℃8月25日(日)
曇時々晴30℃ / 18℃8月26日(月)
曇時々晴30℃ / 19℃8月27日(火)
218/(水)

ニュース

新山協働まちづくり表彰準GP

伊那市富県新山の保育園や小学校を地域全体で支えることで移住定住促進につなげる取り組みが、日本経営協会が主催する「第11回協働まちづくり表彰」で準グランプリを受賞しました。
6日は、主要な協働団体の新山定住促進協議会のメンバーと上伊那農業高校の生徒らが市役所を訪れ、白鳥孝市長に受賞を報告しました。
協働まちづくり表彰は、行政と住民が協働・連携して魅力ある地域社会の実現に貢献したプロジェクトを表彰するものです。
先月23日に東京で表彰式が行われました。
新山地区は、昭和22年から続く地域全戸PTAという特徴を生かし、保育園や小学校の整備、ハッチョウトンボの保護などの活動を続けています。
新山定住促進協議会は平成26年に発足し翌年に伊那市田舎暮らしモデル地区となりました。
その後の取り組みで新山に40人が移住し、休園していた保育園は再開、4年で園児数が倍増した他、小学校でも児童が増加したことなどが評価されました。
上伊那農業高校は、新山地区の鹿を活用したジャーキー「でぃあでぃあ」を開発し販売していることも評価されました。
白鳥市長は「新山地区は話題が満載だ。着実に移住促進の成果があがっている」と受賞を喜んでいました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る