伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇のち雨33℃ / 23℃今日の天気:南信
雨のち曇32℃ / 23℃8月22日(木)
雨30℃ / 22℃8月23日(金)
曇一時雨30℃ / 21℃8月24日(土)
曇一時雨28℃ / 19℃8月25日(日)
曇時々晴30℃ / 18℃8月26日(月)
曇時々晴30℃ / 19℃8月27日(火)
218/(水)

ニュース

災害時の簡易トイレ供給へ 協定締結

伊那市と市内に本社を置く興亜化成株式会社、朝日村のHARIO株式会社は、災害時に発泡スチロール製の簡易トイレの供給などに関する協定を5日締結しました。
5日は伊那市役所で締結式が行われ白鳥孝市長、興亜化成の山岸弘道社長、HARIOの清沢俊太郎社長の3者が協定書を取り交わしました。
今回の協定では、興亜化成が製造し、HARIOが販売元となっている発泡スチロール製のトイレを災害時に市の要請に応じて避難所に供給するものです。
段ボール製の簡易トイレと比べ湿気に強く、保温性に優れているという事です。
およそ30年以上保管でき、体重250キロの人でも使える強さがあるという事です。
興亜化成の山岸社長は「地元に社会貢献できてうれしい」。
HARIOの清沢社長は「いざという時に備え、少しでも力になりたい」
白鳥市長は「あらゆる面で災害に備え、住みやすい地域にしていきたい」と話していました。
災害時における発泡スチロール製簡易トイレの供給については伊那市を含め県内の25市町村と協定を結んでいるということです。
 
 

前のページに戻る 一覧に戻る