伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇のち晴9℃ / 1℃今日の天気:南信
晴れ11℃ / -1℃12月8日(日)
晴時々曇12℃ / 1℃12月9日(月)
曇り13℃ / 2℃12月10日(火)
曇時々雨15℃ / 6℃12月11日(水)
晴一時雨15℃ / 2℃12月12日(木)
晴れ12℃ / 0℃12月13日(金)
712/(土)

ニュース

伊那弥生ケ丘 17年ぶり8強

第101回全国高校野球選手権 長野大会

第101回全国高校野球選手権 長野大会
部室でつかの間の休息

第101回全国高校野球選手権長野大会 4回戦が15日、県内4球場で行われ、伊那弥生ケ丘高校が松本国際を11-4でくだし、17年ぶりに過去最高に並ぶベスト8進出を果たしました。
 
この日、長野県営野球場で行われた伊那弥生ケ丘 対 松本国際の試合は、序盤に先制を許した弥生が追いかける展開となりました。

0-1で迎えた5回表。
弥生の3番登内(とのうち)(よう)(へい)、5番桑原(くわはら)(けん)のタイムリーで逆転に成功します。

その後点を取り合い7対4、弥生が3点リードで迎えた9回表。ノーアウト満塁の場面で3番登内。
レフトスタンドポール際に飛び込む満塁ホームランを放ち、突き放しました。

試合の結果、弥生が19安打11得点の猛攻で勝利し、17年ぶりに過去最高に並ぶベスト8進出を果たしました。


16日は、練習で松本市野球場に向かう弥生の選手たちがグラウンドで準備をしていました。

登内遥平選手はホームランを振り返り「外野の頭を超えて欲しいと思って打球を見ていた。まさか入るとは思わなかった。(次戦に向けて)守備でリズムをつくり、『4-3』で勝つ弥生の野球をしたい」と話していました。

向山大介主将は「ベスト8が何年ぶり、というのは意識せずやっていたが、目指していたところではあるのでうれしい。相手の投手もいい選手なので自分たちの野球で勝利したい」と話していました。

柿沢章浩監督は「(私立相手に)物怖じせず自分たちらしい野球を選手たちがしてくれた。上を目指すという意味では通過点なので意識はしていないと思うが、一戦一戦、試合の重みを感じてきていると思う」と話していました。

弥生のベスト8進出に、生徒やOBにも喜びが広がっています。

伊那弥生ケ丘高校の3年生は「テレビで自分の同級生が活躍しているのを見て、すごく嬉しかった。今度は会場で応援したい」「学校を先頭で引っ張ってくれている野球部のみんなが活躍しているのを見てとても誇らしい」と話していました。

伊那弥生ケ丘高校野球部OB会の吉澤祐一会長は「やっぱり感無量という思い。選手のみなさんの粘り勝つ精神でさらに上を目指してほしい」と話していました。

17年前ベスト8進出時キャプテンの春日崇広さんは「前のベスト8から期間は空いたが、当時よりもどんどん強くなって、勝ち上がる準備は出来ていたと思う。さらに上に行くことを期待しています」と話していました。

伊那弥生ケ丘高校は次の試合、18日(木)の正午から松本市野球場で、ベスト4をかけて小諸商業高校と対戦する事になっています。

前のページに戻る 一覧に戻る