伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇時々雨27℃ / 21℃今日の天気:南信
雨のち晴31℃ / 20℃8月24日(土)
曇時々晴31℃ / 20℃8月25日(日)
曇時々晴30℃ / 18℃8月26日(月)
曇時々晴29℃ / 18℃8月27日(火)
雨27℃ / 20℃8月28日(水)
雨29℃ / 22℃8月29日(木)
238/(金)

ニュース

スマート農業 2度目の実証実験

伊那市東春近田原を会場に

伊那市東春近田原を会場に
遠隔操作で斜面の草を刈る草刈り機

農業の負担軽減や効率化を目指して伊那市東春近田原の圃場を会場にした、スマート農業の2回目の実証実験が16日に行われました。

デモンストレーションが行われた自動運転トラクターはGPSを搭載しているほか、人や障害物を検知すると自動走行を停止するなど、最先端技術を装備しています。

実証実験には、市内の農家などおよそ150人が訪れ、デモンストレーションを見学しました。

この日は自動運転のトラクターや、遠隔操作で傾斜地の草を刈ることができる草刈り機などの実演が行われました。
また、雨で実演はありませんでしたが、上空から農作物の生育状況を確認するドローンの説明も行われました。

実証実験は、長野県や伊那市、農事組合法人田原、信州大学、農機具メーカーなど12の機関が連携して、IT技術を活用したスマート農業を進めようと行われているもので、今回が2回目になります。

農事組合法人田原の中村博組合長は「こういった機器が農業でも活用されるようになり、製造業のように若い人がやりたいと思うような仕事に少しずつなっていけばうれしい」と話していました。

今年度から2年間かけて効果を検証し、最新の農業技術の普及を図るほか、農業の省力化に取り組んでいくということです。

前のページに戻る 一覧に戻る