伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇時々雨27℃ / 21℃今日の天気:南信
雨のち晴31℃ / 20℃8月24日(土)
曇時々晴31℃ / 20℃8月25日(日)
曇時々晴30℃ / 18℃8月26日(月)
曇時々晴29℃ / 18℃8月27日(火)
雨27℃ / 20℃8月28日(水)
雨29℃ / 22℃8月29日(木)
238/(金)

ニュース

弥生が東海大諏訪を破り初の決勝へ

第101回全国高校野球選手権・長野大会。
準決勝に駒を進めた伊那弥生ケ丘は第一シードの東海大諏訪を4対3で破り決勝進出を決めました。
甲子園出場まであと一勝です。 
20日は、午前9時30分に試合が始まりました。
スタンドでは、生徒や保護者・OBなど大応援団が選手たちに声援を送りました。
0-0で迎えた5回の表、1アウト2塁で森田(もりた)(ゆう)(だい)
左中間を破るタイムリーツーベースで先制します。
両チーム得点を追加し、2-1で迎えた9回の表。
富永悠斗(とみながゆうと)伊藤(いとう)駿作(しゅんさく)のタイムリーヒットで2点を追加します。
4-1と3点差で迎えた9回の裏。1アウト満塁で東海大諏訪は3番の東部中出身、早川(はやかわ)(とおる)
フォアボールを選び、押し出しで1点を返します。
その後さらに1点を追加し、1点差、なおも2アウト1、3塁。
最後は強烈なファーストゴロをキャプテンの向山(むかいやま)大介(だいすけ)が掴んでベースを踏みゲームセット。
伊那弥生ケ丘が4-3で東海大諏訪を敗り、上伊那地域としては、伊那北高校が最後に甲子園に出場した昭和36年以来、58年ぶりの決勝進出を果たしました。

地元でも応援する人たちの姿がありました。
20年ほど前から地元の高校野球チームを応援しているラーメン店「原点」です。
店主の酒井(たか)()さんと妻のなみよさんは、店で試合展開を見守りました。
酒井さんは、21日も店で試合を応援するということです。
上伊那の高校から甲子園出場を目指す「上伊那から甲子園の会」でも上伊那勢の決勝進出で甲子園出場への期待を寄せています。

弥生は、初の甲子園出場をかけて21日飯山高校と対戦します。
会場は松本市野球場で試合開始は午前10時からです。
20日の試合の模様は午後11時から122chで放送します。
決勝戦の模様は21日の午後7時から122chで放送します。
 
 

前のページに戻る 一覧に戻る