伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇り22℃ / 13℃今日の天気:南信
晴時々曇23℃ / 12℃10月16日(水)
曇時々晴23℃ / 11℃10月17日(木)
曇一時雨19℃ / 13℃10月18日(金)
雨20℃ / 14℃10月19日(土)
曇時々晴22℃ / 13℃10月20日(日)
曇時々晴21℃ / 11℃10月21日(月)
1510/(火)

ニュース

弥生野球部に寄付・メッセージ

同窓会・後援会から150人分の寄付

同窓会・後援会から150人分の寄付

第101回全国高校野球選手権 長野大会で準優勝した伊那弥生ケ丘高校野球部に寄せられた寄付金やメッセージが23日、野球部に届けられました。
この日は、同窓会の下島(しもじま)典子(のりこ)会長と、野球部後援会の田中(たなか)俊彦(としひこ)会長が学校を訪れ、寄付金やメッセージをキャプテンの向山(むかいやま)大介(だいすけ)さんと副キャプテンの登内(とのうち)(よう)(へい)さんに手渡しました。

伊那弥生ケ丘高校は、夏の大会で野球部創部以来初の決勝進出を果たし、決勝戦では飯山高校に4対5で惜しくもサヨナラ負けをしました。

寄付金は、決勝戦の会場に向かうバスの中で集められたもので、およそ150人から寄付がありました。
また、試合を見た人から寄せられたメッセージも渡されました。
向山主将は「本当に多くの人に支えられていることを感じる。悔しさを後輩達に晴らして欲しい」と話していました。
登内副主将は「歴史に名を刻むことができたのはうれしいが、支えてくれたみなさんに本当に感謝です」と話していました。

寄付金は野球部の備品購入などに充てられるということです。

前のページに戻る 一覧に戻る