伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ19℃ / 5℃今日の天気:南信
曇時々晴20℃ / 10℃11月24日(日)
雨のち曇22℃ / 10℃11月25日(月)
曇り14℃ / 5℃11月26日(火)
曇り14℃ / 5℃11月27日(水)
曇一時雨12℃ / 3℃11月28日(木)
晴時々曇11℃ / -1℃11月29日(金)
2311/(土)

ニュース

県議が現地機関と意見交換

9日と10日の2日間、長野県議会農政林務委員会は、南信地域の現地調査に訪れていて、10日は伊那合同庁舎で現地機関との意見交換を行い、豚コレラを中心に質疑応答が行われました。
意見交換会で、長野県伊那家畜保健衛生所の小林(こばやし)良人(よしと)所長は、上伊那の豚コレラに関する感染状況などを報告し、農政林務委員会の委員と質疑応答を行いました。
委員からの「野生イノシシ同士の感染を防ぐために、今後はどのように対策していくのか」との質問に、小林所長は「ワクチンの継続接種を行い、これ以上感染の範囲を広げないように努めたい」と答えました。
また、「野生イノシシから豚への感染を防ぐための今後の対策」については、「監視対象外の養豚場も、周辺に野生イノシシの侵入を防ぐ柵を設置したり、周囲の消毒を行うようにしたい」と答えていました。
 長野県によると、2月22日から9月9日までに上伊那で発見された死んだ野生イノシシは47頭で、豚コレラ感染の検査が完了したうちの12頭から豚コレラの感染が確認されたということです。

前のページに戻る 一覧に戻る