伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇のち晴18℃ / 12℃今日の天気:南信
晴のち曇23℃ / 10℃10月23日(水)
曇り19℃ / 14℃10月24日(木)
曇時々雨17℃ / 11℃10月25日(金)
曇一時雨22℃ / 13℃10月26日(土)
曇り20℃ / 12℃10月27日(日)
曇時々晴20℃ / 11℃10月28日(月)
2210/(火)

ニュース

秋の味覚“昆虫食” 加工作業大忙し

イナゴの甘露煮

伊那谷の郷土料理のひとつ「昆虫食」のイナゴや蜂の子の収穫の時期を迎えました。伊那市の塚原信州珍味では、加工作業に追われています。

伊那市上新田にある塚原信州珍味には、秋の味覚、イナゴや蜂の子が並んでいます。
横山にある加工場では17日、2代目の塚原(やす)(はる)さんが電話で注文を受け、3代目の慎也(しんや)さんが甘露煮づくりに追われていました。

塚原信州珍味は、伊那谷の郷土料理のイナゴやざざむし・蜂の子の甘露煮などを販売していて、創業80年を超えます。
ここ数年、昆虫食が注目を集めていることから、全国各地から注文が集まっていて、全国チェーンの居酒屋からも注文を受けています。
しかし、ここ数年はイナゴやクロスズメバチの収量が減っているということです。

保治さんは「大忙しだが、気候などの影響で物が少ない。なんとかして昆虫食を続けていきたいのと、多くの人に良さを知ってもらいたい。ゲテモノという目だけでなく、貴重なタンパク源として見てもらえればうれしい」と話していました。

現在までのところ、今年は不作になりそうだということで、塚原信州珍味では、今後の収量増加に期待を寄せています。

前のページに戻る 一覧に戻る