伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴時々曇19℃ / 2℃今日の天気:南信
晴のち曇19℃ / 6℃4月12日(月)
曇のち雨16℃ / 8℃4月13日(火)
曇時々雨22℃ / 9℃4月14日(水)
曇時々晴18℃ / 7℃4月15日(木)
曇時々晴19℃ / 7℃4月16日(金)
曇時々晴21℃ / 8℃4月17日(土)
114/(日)

ニュース

人形も木曽との交流期待

コンクールに6団体出品

人形も木曽との交流期待

 高遠町で11日にある冬の風物詩「だるま市」を前に、町商工会が主催する恒例の人形飾りコンクールの作品が中心商店街にお目見えした。10日に審査会があり、本町実業団の権兵衛トンネルを題材にした作品が金賞に選ばれた。
 人形飾りは市に合わせた各商店の誘客作戦がはじまりとされる。今年は実業団、金融機関、学校、役場の6団体が出品。町や町商工会職員、各種団体関係者ら約20人が、努力、アイデア、全体バランスなど6項目で審査し各賞を決定した。
 本町実業団は、俵を背負った馬を引く馬子が権兵衛トンネルを通る場面を表現。トンネル開通直後で、木曽谷との交流に期待が高まっており「今年のだるま市を象徴する作品」と評価を受けた。
 嶋村正登代表は「みんなで協力し、一生懸命取り組んだ努力の結果」と喜んでいる。
 水戸黄門が権兵衛トンネルを通って、タカトオコヒンガンサクラの観光に訪れたという作品、高遠小学校3年生が空き瓶やペットボトル、粘土細工で未来都市を表現した作品も注目を集めた。

前のページに戻る 一覧に戻る