伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ9℃ / 0℃今日の天気:南信
晴のち曇10℃ / -4℃2月28日(金)
曇時々晴10℃ / -2℃2月29日(土)
曇時々晴15℃ / 3℃3月1日(日)
曇一時雨13℃ / 3℃3月2日(月)
曇時々晴15℃ / 2℃3月3日(火)
曇り11℃ / 1℃3月4日(水)
272/(木)

ニュース

セパタクロー体験会

手を使わず足や頭で行うスポーツ

手を使わず足や頭で行うスポーツ

足や頭を使って相手のコートにボールを入れるスポーツ「セパタクロー」の体験会が22日、伊那市高遠町の高遠スポーツ公園文化体育館で開かれました。
体験会には、市内外から小中学生35人が参加しました。
講師は、現役や元日本代表選手など6人が務めました。
セパタクローのセパは、マレー語で蹴る、タクローはタイ語でボールという意味で、2つの言葉を合わせた東南アジア発祥のスポーツです。
使うボールは、プラスチックの素材を編み重ねて作られています。
ルールは、手を使わずに足や頭を使って相手のコートにボールを入れるものです。
3人1組で、21点マッチで先に2セット取ると勝ちとなります。
参加した子どもたちは、選手に蹴り方を教わりながら体験していました。
日本セパタクロー協会によりますと、国内の競技人口はおよそ2,000人で、男女合わせて43団体あるということです。

前のページに戻る 一覧に戻る