伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇時々雨11℃ / 2℃今日の天気:南信
曇り13℃ / 6℃1月29日(水)
曇り7℃ / 2℃1月30日(木)
晴時々曇7℃ / -3℃1月31日(金)
晴れ8℃ / -4℃2月1日(土)
晴時々曇9℃ / -3℃2月2日(日)
曇時々晴8℃ / -2℃2月3日(月)
281/(火)

ニュース

伊那小4年春組 被災小学校を支援

台風19号の影響で千曲川が決壊し、浸水被害を受けた長野市立長沼小学校を支援しようと、伊那市の伊那小学校・4年春組は、雑巾をつくって送ることを決めました。

29日は春組の児童35人が家庭から持ち寄ったタオルを使って雑巾をつくりました。
児童らは、二重にしたタオルを習ったばかりの手縫いで、雑巾にしていました。

雑巾を送る長野市立長沼小学校は、台風19号による千曲川の決壊で、一時は170センチほどまで浸水したということです。
校舎の復旧の目途は立っておらず、現在、学校に通うことができる児童のみ近くにある別の小学校に通っているということです。

春組では、同じ長野県内の小学生が被害を受けて苦労していることをニュースで知り、今回支援することを決めました。
担任の(たか)()(まさ)()教諭に、小学校で必要としているものを確認してもらい、復興作業に使う雑巾を長沼小の全校児童93人分送ることにしました。

発案した唐木莉彩さんは「同じ長野県の小学生が大変な思いをしているのを知って少しでも支援したいと思って雑巾を送ることにしました」と話していました。
髙木政志教諭は「最初は物を送ろうと話し合っていたが、子どもから「本当に必要なものを送ろう」という意見があり雑巾を送ることになりました。相手のことを本当に思いやる活動になることを強く願います」と話していました。

春組では、30日も雑巾づくりを行うことにしていて、今週中の発送を目指しています。

前のページに戻る 一覧に戻る