伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴のち曇17℃ / 3℃今日の天気:南信
曇のち雨19℃ / 7℃11月18日(月)
雨のち晴16℃ / 6℃11月19日(火)
晴れ13℃ / 0℃11月20日(水)
晴時々曇13℃ / 0℃11月21日(木)
曇時々晴14℃ / 2℃11月22日(金)
曇時々晴16℃ / 3℃11月23日(土)
1711/(日)

ニュース

伊那映画祭で戦争テーマに作品上映

 1日から伊那市内で行われている伊那VALLEY映画祭。最終日の3日は戦争の記憶をテーマに作品が上映されました。
 3日目の3日は、「戦争の記憶」がテーマで、後藤俊夫監督が制作した映画「いのちありて」や伊那ケーブルテレビジョンの番組などが上映されました。
 「いのちありて」は、伊那弥生ケ丘高校の前身・伊那高等女学校の学徒動員について記録した2011年制作のドキュメンタリー映画です。
 伊那高女の当時4年生だった33回生は、太平洋戦争末期の昭和19年8月に、名古屋の航空機工場に学徒動員されます。
 昭和20年3月、工場への爆撃があり、生徒の一人飯島(いいじま)米子(よねこ)さんが亡くなりました。
「いのちありて」は、学徒動員された伊那高女33回生の証言をもとにまとめられています。
 映画祭には、伊那高女の33回生、岸本(きしもと) 多恵子(たえこ)さんら3人が訪れ、作品に見入っていました。
上映後、後藤監督と、作品について言葉を交わしていました。
 伊那VALLEY映画祭は、地域の文化や歴史を見つめなおそうと今年初めて行われ、伊那谷ゆかりの作品が上映されました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る