伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇時々晴7℃ / 1℃今日の天気:南信
曇り8℃ / 0℃12月7日(土)
晴れ10℃ / 0℃12月8日(日)
曇時々晴11℃ / -1℃12月9日(月)
曇り12℃ / 1℃12月10日(火)
曇時々雨14℃ / 5℃12月11日(水)
晴時々曇14℃ / 2℃12月12日(木)
612/(金)

ニュース

信大・伊那市 スマート農林業シンポジウム

信州大学農学部と伊那市はIoTなどの最新技術を使い、中山間地域の農林畜産業について考えるシンポジウム「スマート農林業技術を活用した地域の創造」を伊那市役所で27日開きました。
27日は行政や大学、企業の関係者など150人が出席しました。
シンポジウムでは、基調講演、パネルディスカッション、事例報告が行われ、中山間地域の農林業の課題解決や促進について、発表が行なわれました。
基調講演で信州大学の加藤正人教授は、森林をレーザー計測する事で、木々の太さや高さの情報をデータ管理する事ができると紹介していました。そのうえで今後は物流業者やハウスメーカーとデータ共有する事で、より有利な販売に繋がると話していました。
パネルディスカッションでは今後のスマート農林業をテーマに参加者が意見を交わしました。
白鳥孝市長は「AIやIoTの最新技術を使い、地方都市でできる農林業を伸ばし、この地域から日本を支える仕組みをつくっていきたい」と話していました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る