伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇時々晴7℃ / 1℃今日の天気:南信
曇り8℃ / 0℃12月7日(土)
晴れ10℃ / 0℃12月8日(日)
曇時々晴11℃ / -1℃12月9日(月)
曇り12℃ / 1℃12月10日(火)
曇時々雨14℃ / 5℃12月11日(水)
晴時々曇14℃ / 2℃12月12日(木)
612/(金)

ニュース

伊那谷の冬の風物詩 ザザムシ漁解禁

2月末まで続く

2月末まで続く

伊那谷の冬の風物詩ザザムシ漁が、1日に解禁となり、天竜川では早速漁をしている人の姿がありました。
伊那市山寺の天竜川の浅瀬です。
漁をしているのは、この道40年ほどのベテラン中央の中村昭彦(あきひこ)さんと、今年から漁を始めた荒井の中條(たかし)さんです。
鍬で石を掘り返し、足を使って石の裏側についているザザムシを四手網(よつであみ)と呼ばれる網に流し入れます。
ザザムシは、川の浅瀬にいる水生昆虫の幼虫の総称です。
今朝の伊那地域の最低気温は氷点下3.8度と今シーズン1番の冷え込みとなりました。
中村さんによりますと、この時期の水温は8度ほどだということで、4度ぐらいにまで下がると脂がのってさらに美味しくなるということです。
こちらは、去年とれたザザムシで作った中村さんお手製の佃煮です。
冬場のタンパク源として食べられてきた伝統食で、醤油と砂糖、みりんで煮込んだものです。
中村さんは、「今年も家族や友人と味わいたい」と話していました。
ザザムシ漁は、来年2月末まで上伊那の天竜川で行われます。
 

前のページに戻る 一覧に戻る