伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴のち曇12℃ / 1℃今日の天気:南信
雪のち曇9℃ / 2℃1月26日(日)
曇のち雪9℃ / 1℃1月27日(月)
雪7℃ / 0℃1月28日(火)
雨時々雪10℃ / 3℃1月29日(水)
曇一時雨12℃ / 2℃1月30日(木)
曇時々晴10℃ / 0℃1月31日(金)
251/(土)

ニュース

福澤さやさんミニライブ 歌で障害への理解伝える

障害者の苦労や助け合いを歌で表現する、飯田市出身の福澤(ふくざわ)さやさんのミニライブが9日、伊那市の伊那図書館で開かれました。
福澤さんは、17歳で脳腫瘍摘出手術を行い、後遺症が残ったということです。
26歳で感音性難聴を発症し、現在も左半身麻痺や視力低下などの症状が進行しているということです。
福澤さんの歌は、愛と命をテーマにしていて、障害を持って生きている人の立場を表現しています。
福澤さんは、「障害のことは、当事者でも言いづらい時がある。歌を聴いてもらうことで少しでも理解してもらいたい」と話していました。
またこの日は、障害について理解を深める、あいサポーター研修も行われました。
研修では、視覚障害や聴覚障害などに分かれ、日常生活で起こりうる事例を紹介していました。
視覚障害の人に対しては進んで代筆を提案し、聴覚障害の人には手話の他に筆談を提案することが手助けにつながるということです。
あいサポーター研修は、様々な障害や、障害者の生活を理解し、日常生活でちょっとした配慮を実践していくもので、信州あいサポート運動の一環で行われました。
 
 

前のページに戻る 一覧に戻る