伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴時々曇13℃ / 1℃今日の天気:南信
雨時々雪9℃ / 2℃1月26日(日)
曇のち雪8℃ / 2℃1月27日(月)
雨時々雪8℃ / 1℃1月28日(火)
雨時々雪11℃ / 3℃1月29日(水)
雨時々雪11℃ / 3℃1月30日(木)
曇一時雨9℃ / 1℃1月31日(金)
251/(土)

ニュース

漆戸常会 大文字の花飾りづくり

箕輪町北小河内の漆戸常会に伝わる小正月の伝統行事「大文字(だいもんじ)」に向け、住民は柱に取り付ける花飾りを昨夜作りました。
9日は、漆戸集会所に住民35人ほどが集まり、花飾りづくりをしました。
女性たちは、色紙を小さく折ってはさみで切り、花を作ります。
男性は、花を束ねるこよりを作ります。
パーツが出来上がると、竹の棒に花をつけ、切り込みを入れた和紙を巻き付けていきます。
漆戸常会の大文字は、町の無形民俗文化財に指定されている小正月の伝統行事です。
今から250年以上前に始まったといわれ、柱に花飾りをつけ、1月の小正月に四辻に建てます。
1週間ほどで柱を降ろし、花飾りを厄除けとして家の玄関などに飾ります。
花飾りづくりには子どもたちも参加していました。
お年寄りから作り方を聞いたり、年上の子が年下の子に教えたりしていました。
ベテランの一人、坂井(さかい)国明(くにあき)さん77歳は、子どものころから毎年この行事に参加してきたということです。
漆戸常会の大文字は、12日の朝8時から、常会の四つ辻に建てられます。
 

前のページに戻る 一覧に戻る