伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
雨26℃ / 21℃今日の天気:南信
大雨24℃ / 21℃7月8日(水)
大雨23℃ / 20℃7月9日(木)
曇一時雨29℃ / 20℃7月10日(金)
曇時々雨27℃ / 21℃7月11日(土)
雨時々曇27℃ / 21℃7月12日(日)
曇一時雨30℃ / 21℃7月13日(月)
77/(火)

ニュース

西箕輪上戸で小正月の伝統「大文字」

西箕輪上戸で小正月の伝統「大文字」
縄やさすまたを使って大文字柱を建てる

道祖神の脇に柱を建て、五穀豊穣や区内の安全を願う小正月の伝統行事「大文字(でえもんじ)」が伊那市西箕輪上戸で、14日に行われました。

朝5時前。太鼓の音が鳴り響き、地区住民が巾着飾りを持って三ツ辻に集まり始めます。
区民が集まると、柱を取り出して飾りつけが始まります。

厄落としと1年間の無事を祈る道祖神まつりで、上戸では過去に一度この祭りを中止したところ村に疫病がはやり死人も出たと言い伝えられています。

飾り付けが終わると、長さ12メートルほどの柱を、集まった区民総出で持ち上げます。
大文字建てが終わると、集まった区民で万歳三唱をしていました。

有賀洋治郎実行部長は「伝統の大文字を建てて、区民のみなさんの健康や家内安全をしっかり祈りたい」と話していました。

上戸では、20日にで大文字おろしが行われる予定です。

前のページに戻る 一覧に戻る