伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
43/(月)

ニュース

三峰川環境整備で樹木伐採

三峰川環境整備で樹木伐採
手前は伐採されたニセアカシア

三峰川本来の河川環境や景観を取り戻し、親しみやすい川にしようと26日、伊那市東春近の河川敷で樹木の伐採作業が行われました。

伐採作業を企画した三峰川みらい会議のメンバーとボランティアおよそ20人が、伊那市東春近の河川敷で作業にあたりました。
参加者らはチェーンソーで木を切り倒し、扱いやすいサイズにしていました。

河川内に生えているのは、主にニセアカシアや柳で、大きいものでは樹齢30年ほどにもなります。
このうちニセアカシアはマメ科の樹木で、根の張り方が浅く、川の水量が多くなると流されて水害の原因にもなるということです。

三峰川みらい会議では景観の保全や防災を目的にボランティアを募って毎年作業を行っています。

三峰川みらい会議の織井秀夫代表は「目的は三峰川をきれいにすることだが、防災にもつながっている。整備作業には民間の人たちも関わっているということを知ってもらいたい」と話していました。

この日伐採した木は、ストーブ用の薪として参加者が持ち帰ったということです。

前のページに戻る 一覧に戻る