伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇時々雨26℃ / 20℃今日の天気:南信
大雨22℃ / 20℃7月9日(木)
雨26℃ / 20℃7月10日(金)
雨25℃ / 21℃7月11日(土)
雨時々曇27℃ / 21℃7月12日(日)
曇り30℃ / 20℃7月13日(月)
曇一時雨27℃ / 20℃7月14日(火)
87/(水)

ニュース

タイの農協職員ら 伊那市の農家視察

タイの農協職員ら 伊那市の農家視察
出荷に使う箱の説明を受ける視察団

農業視察で日本を訪れている、東南アジア・タイの農業協同組合が18日、伊那市が出荷量日本一の花・アルストロメリアの農家を視察しました。

この日は、タイ北部に位置するチェンマイ県ドイサケット郡の農協職員や農家など10人が、伊那市東春近の花卉農家・川口(かわぐち)(たかし)さんのハウスを訪問しました。
ドイサケット郡の農協では、主にコーヒー豆を栽培していますが、マーケティング戦略が不十分で、収益性が低く付加価値の創出が出来ていないということです。
今回、日本の農協がどのような役割を果たしているかを知り、自国の課題解決につなげようと 視察に訪れました。
訪れたメンバーらは、1本の苗からどのくらいの量が出荷できるのか、どういう状態で出荷しているのかなど、川口さんに質問していました。

川口さんは「花をつくる仲間と品質を落とさないように、揃えて出すことで、市場価値を下げないように努めています」と、説明していました。

タイ農業協同組合省 協同組合振興局アチャ・スウォンニタヤ副局長「日本のみなさんの勤勉さがよくわかりました」と話していました。

ドイサケット・パタナ農業協同組合スリヌアン・タイトン組合長は「タイに比べて狭い土地の中で工夫しながらやっているのがわかりました。地元に帰って学んだことを活かしたい」と話していました。

今回の視察は、国際協力機構JICAの協力で実現したもので、メンバーらは、22日まで日本に滞在するということです。

前のページに戻る 一覧に戻る