伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇時々雨24℃ / 17℃今日の天気:南信
雨のち晴25℃ / 14℃5月27日(水)
晴れ27℃ / 11℃5月28日(木)
晴時々曇28℃ / 10℃5月29日(金)
曇時々晴27℃ / 12℃5月30日(土)
曇時々晴26℃ / 13℃5月31日(日)
曇一時雨24℃ / 15℃6月1日(月)
265/(火)

ニュース

消毒液の代替品を開発

高遠の酒蔵 仙醸 伊那市に寄贈

消毒液の代替品を開発

伊那市高遠町の酒蔵、株式会社仙醸はアルコール度数の高い酒を
使った消毒液の代替品を開発しました。
仙醸では新型コロナウイルスの感染拡大により品薄となっている消毒液の代替品としてアルコール度数77度の「アルカス77」を開発しました。
厚生労働省は特例として消毒用エタノールの代替品とアルコール度が高い酒を使用することを認めているということです。
アルカス77は360ミリリットル入り1本税別980円で販売していて現在生産ラインはフル稼働の状態です。
商品は主に地元の小売酒販店へ優先的に納品しています。
1日約1,000本を生産していますが需要に追い付いていないことから3,000本への増産を目指しています。
アルカス77は原液をそのままスプレーの容器に移し替え手に吹きかけることで消毒の効果があるということです。 
仙醸の黒河内社長は消毒液の代わりとして販売しているアルカス77を伊那市に寄付することを決めました。
23日伊那市役所を訪れ10ケース120本を白鳥孝市長に贈りました。
仙醸では新型コロナウイルスの感染が拡大するなか一人でも多くの人に消毒に必要な物資を届け感染症の早期終息に貢献したいとしています。
伊那市ではアルカス77を庁舎や公共施設で活用していくということです。
 
 

前のページに戻る 一覧に戻る