伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
242/(土)

ニュース

経木を料理や菓子に使用

Kurabeは様々な料理に使用する予定

経木を料理や菓子に使用

脱プラスチックや日本古来の伝統文化の発信を目的に上伊那産のアカマツでつくった包装材「経木」を、伊那市内の飲食店や菓子店で使う取り組みが始まっています。
28日は飲食店や菓子店で、サンプルで配られた経木を商品に使用するためのテストが行われました。
西町でイタリアンを提供するKurabe CONTINENTAL DELICATESSENです。
経木を使うことで、ガレットの生地が皿につくのを防ぐ効果があるということです。
パスタの麺は、袋に入れて販売する場合結露することが課題でしたが、結露せず保存期間が延びるようになったということです。
その他、揚げ物は油を吸い取る効果があり、魚料理は経木を燃やして瞬時にスモークの香りを料理につけることができるということです。
経木は、伊那市の株式会社やまとわが上伊那産のアカマツを使って作ったものです。
伊那市では、脱プラスチック・CO2削減また、地域産材の有効活用と日本の伝統文化の発信を目的に、今年から経木の利用を飲食店などで進めています。
伊那市によりますと、アカマツは、香りが良く色が綺麗で、抗菌作用もあり腐敗の抑制効果も期待できるということです。

菓子庵石川は新商品に使用する予定

経木を料理や菓子に使用

荒井の菓子庵石川では、夏頃を目途に新商品として発売を予定している「お多福まんじゅう」に使用する予定です。
伊那市では、使い方や意見を募集していて、今後の活用に役立てたいとしています。

前のページに戻る 一覧に戻る