伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇り30℃ / 21℃今日の天気:南信
晴時々曇34℃ / 21℃8月4日(火)
曇のち雨33℃ / 22℃8月5日(水)
曇時々晴33℃ / 22℃8月6日(木)
曇時々晴31℃ / 22℃8月7日(金)
曇一時雨30℃ / 22℃8月8日(土)
曇時々晴31℃ / 22℃8月9日(日)
38/(月)

ニュース

聴覚障害者 バッチで理解求める

聴覚障害者 バッチで理解求める

 新型コロナの影響で、マスク着用が呼びかけられる中、聴覚障害者は、口元の読み取りができずに困っています。
聴覚障害者のために要約筆記の活動をしている上伊那のボランティアサークルまねきネコは、難聴であることを知らせる印で、理解や支援を呼びかけようと、缶バッジづくりを行いました。
 「耳が不自由です」「筆談おねがいします」などとデザインされた紙を丸く切り取っていきます。
 缶バッジを作る機械にアクリル板とデザインした紙を挟み込んでプレスすると、缶バッチができあがりました。
 要約筆記サークルまねきネコは、健常者が4人、難聴者が3人の7人で活動しています。
 難聴者は、途中から聞こえなくなった中途失聴で、手話での会話が十分でないため筆談で会話しています。
 新型コロナの影響で、市民に対してマスク着用が呼びかけられる中難聴の人たちが、買い物など生活の中で口元が読み取れずに、困っている状況があるとして、難聴であることを知らせるバッジを作ることにしました。
 缶バッジの中には、筆談に応じることを知らせるものもあり、まねきネコでは支援の輪が広がることも期待しています。
 まねきネコでは、赤い羽根共同募金の支援金を受けて、200個のバッジを作る予定で、県内の同じ活動をする仲間に配るということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る