伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇のち晴33℃ / 22℃今日の天気:南信
晴時々曇36℃ / 22℃8月14日(金)
晴時々曇36℃ / 22℃8月15日(土)
晴時々曇40℃ / 22℃8月16日(日)
晴時々曇38℃ / 23℃8月17日(月)
晴時々曇35℃ / 23℃8月18日(火)
晴時々曇36℃ / 23℃8月19日(水)
138/(木)

ニュース

長田伊三男さん 南小児童に戦争体験を伝える

長田伊三男さん 南小児童に戦争体験を伝える

南箕輪村の南箕輪小学校の4年生は、戦争について学習する授業の一環で、戦時中満州に出兵したりシベリア抑留などを経験した、長田伊(おさだい)三男(さお)さん96歳から話を聞きました。
1日は、南箕輪小の4年生およそ140人が、伊那市荒井の長田さんから話を聞きました。
昭和19年1月10日、当時20歳だった長田さんは、徴兵で旧日本軍に入隊し、九州から船で朝鮮・満州へ渡り戦地へ赴いたことを話しました。
また、満州では敵がすぐ近くにいるかもしれないという、市街地での危険な戦闘経験など、児童らに戦争の実体験を説明していました。
その後、終戦を迎えた長田さんは旧ソ連軍の捕虜となり、昭和20年から24年までの4年間、シベリアで石炭の採掘や、荷物の運搬など重労働を強いられたことなど、当時を振り返っていました。
児童らは、長田さんの話を聞きながら、メモをとっていました。
南箕輪小4年生は、国語の授業で戦争体験に関する学習をしていて、今回は、その一環で長田さんから話を聞きました。
南箕輪小では、今後習う歴史の授業につなげていきたいとしています。

前のページに戻る 一覧に戻る