伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴時々曇37℃ / 22℃今日の天気:南信
晴のち曇38℃ / 22℃8月16日(日)
曇時々晴37℃ / 21℃8月17日(月)
晴時々曇35℃ / 22℃8月18日(火)
晴時々曇34℃ / 24℃8月19日(水)
曇時々晴37℃ / 24℃8月20日(木)
曇時々晴36℃ / 24℃8月21日(金)
158/(土)

ニュース

医療従事者労い生花を寄贈

医療従事者労い生花を寄贈

南信ハウスカーネーション組合と長野県生花商業協同組合は、新型コロナ対策に尽力している、県内11の感染症指定医療機関を労おうと、カーネーションを6日贈りました。
このうち、伊那市の伊那中央病院には、南信ハウスカーネーション組合の小田切(こたぎり)高史(たかし)副組合長と、長野県生花商業協同組合の山口(やまぐち)元樹(もとき)理事長が訪れ、本郷(ほんごう)一博(かずひろ)院長に花を手渡しました。
南信ハウスカーネーション組合のカーネーションを、長野県生花商業協同組合がアレンジしたものです。
2つ合わせて、100本ほど、5、6種類のカーネーションが組み合わされています。
新型コロナ対策で尽力している県内の指定医療機関を労い、カーネーションの花ことばである感謝を伝えようと、両組合が5月から準備をしてきたということです。
本郷院長は「今のところコロナウイルスは落ち着いてきているが、まだ油断できない。このような状況の中美しい花を頂きありがたい」と感謝していました。
花は、6日県内の指定医療機関に一斉に寄贈されたということです。
なお、中央病院では、花は1階の入り口に飾られています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る