伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴時々曇37℃ / 22℃今日の天気:南信
晴時々曇38℃ / 22℃8月16日(日)
晴時々曇37℃ / 21℃8月17日(月)
晴時々曇35℃ / 22℃8月18日(火)
晴時々曇34℃ / 24℃8月19日(水)
曇時々晴37℃ / 24℃8月20日(木)
曇時々晴36℃ / 24℃8月21日(金)
158/(土)

ニュース

スマート農業 最新農業機器を実演

昨年度取り入れた機器の効果も確認される

スマート農業 最新農業機器を実演

伊那市が長野県や農家などと連携して進めている「スマート農業技術」の今年度初めての実演会が、20日に、東春近の水田で開かれました。
20日は、試験地となっている東春近の農事組合法人田原が管理する水田で、最新機器の実演が行われました。
ドローンを使って作物の生育量や栄養状態などを観測できる機器です。
今年度から本格的に取り組むもので、撮影した画像から作物の葉に対する太陽光の反射や吸収、透過状況を観察し、収獲時期などを判断します。
2時間ほどで田原全域を撮影できるということです。
昨年度導入した水田の給水・排水の遠隔システム機器については、「スマホやパソコンでモニタリングしながら離れた場所で操作ができ、労働時間の削減に繋がる」と説明していました。
水位を一定に保つことができる他、誤差も2センチ以内だったということです。
実証実験は、信州大学や農機具メーカーなど12の機関が連携してIT技術を活用したスマート農業を進めようと、昨年度からの2年計画で行われているものです。
農事組合法人田原では、導入済みの機器も含め、効果を検証し農業の省力化に繋げたいとしています。

前のページに戻る 一覧に戻る