伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴のち曇18℃ / 3℃今日の天気:南信
曇時々晴16℃ / 4℃11月27日(金)
雨のち晴14℃ / 4℃11月28日(土)
晴時々曇12℃ / 2℃11月29日(日)
晴時々曇14℃ / 1℃11月30日(月)
晴れ13℃ / 1℃12月1日(火)
晴時々曇13℃ / 2℃12月2日(水)
2611/(木)

ニュース

三六災害60年実行委員会発足

来年6月にシンポジウム開催予定

三六災害60年実行委員会発足

1961年昭和36年に発生した三六災害から来年で60年となります。
節目の年を前に、関係団体による「三六災害60年実行委員会」が、19日に発足しました。
19日は、初めての実行委員会が伊那市の防災コミュニティセンターで開かれました。
委員は、国や県、市町村など19人で構成します。
委員長には、信州大学名誉教授の北澤秋司(しゅうじ)さんが選ばれました。
三六災害では、台風の接近と梅雨前線の停滞による雨で、伊那谷の各地で河川の氾濫や土砂災害、地滑りが発生しました。
死者・行方不明者は136人、家屋の全壊・流出・半壊は1,500戸以上に及びます。
三六災害から来年で60年の節目を迎えることから、災害の実態を再認識すると共に水害・土砂災害に備えた地域づくりを目指そうと実行委員会が発足しました。
来年6月に飯田市で600人規模のシンポジウムを開催する他、天竜川流域内の市町村でリレー式パネル展示を行う計画です。
次回の会議は、12月中旬を予定しています。

前のページに戻る 一覧に戻る