伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ13℃ / 4℃今日の天気:南信
晴れ13℃ / 1℃12月4日(金)
晴れ13℃ / 0℃12月5日(土)
晴時々曇15℃ / 1℃12月6日(日)
曇時々晴15℃ / 1℃12月7日(月)
曇時々晴15℃ / 2℃12月8日(火)
曇時々晴13℃ / 2℃12月9日(水)
312/(木)

ニュース

ますみケ丘で昆虫観察会

ますみケ丘で昆虫観察会

珍しいチョウなど様々な昆虫が生息する伊那市のますみヶ丘平地林で昆虫の観察会が9月19日に開かれました。
ますみヶ丘平地林の鳩吹公園周辺では、環境省の絶滅危惧種に指定されているミヤマシジミが生息しています。
信州大学名誉教授の中村(ひろ)()さんが会長をつとめるミヤマシジミ研究会が、幼虫のえさとなるコマツナギを植樹して保護する活動をしています。
中村さんは「昔は田畑の土手に農耕馬を繋ぐ為の『コマツナギ』が植えられていたが、機械化によりコマツナギは切られ、それに伴いミヤマシジミも減少しました。」と説明していました。
観察会は、子どもやその親にますみヶ丘平地林の珍しい昆虫や植物を知ってもらおうと伊那市と研究会が開いています。
ミヤマシジミの他にもコオロギやトンボなどがいました。
この日は市内の親子16組50人が参加し、観察会の最後には研究会から昆虫マイスター初級の認定書が渡されました。
参加したある親子は「改めて市内の自然を知る事ができました」と話していました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る