伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ14℃ / 1℃今日の天気:南信
晴れ15℃ / 2℃12月3日(木)
晴時々曇13℃ / 1℃12月4日(金)
晴時々曇14℃ / 1℃12月5日(土)
曇時々晴15℃ / 1℃12月6日(日)
曇時々晴16℃ / 2℃12月7日(月)
曇時々晴15℃ / 3℃12月8日(火)
212/(水)

ニュース

伊那市 リニア工事残土受け入れ

伊那市 リニア工事残土受け入れ
リニア工事残土を利用し造成する工業用地

伊那市は、リニア中央新幹線のトンネル工事で出た残土およそ28万立方メートルを受け入れ、西箕輪の伊那インター工業団地の造成に活用します。
28日は市役所で伊那市議会臨時会が開かれ、リニア工事の残土を使い造成する土地の取得に関する議案が全会一致で可決されました。
残土の受け入れについては長野県の仲介で、伊那市とJR東海が協議を進め今月協定書を取り交わしたという事です。
受け入れる残土はおよそ28万立法メートルで、来年8月からおよそ3年にわたり運び込まれる計画です。
伊那市によりますと、残土を活用し造成するのは西箕輪の伊那インター工業団地の今回取得する2万9千平方メートルなどで、状況を見ながら拡張していく計画です。
今回の受け入れに関して、JR東海は負担金として5億2千万円を伊那市へ支払う事になっています。
白鳥孝市長は「今回の工事のほか、伊駒アルプスロードの建設などでも検討していきたい」と話していました。
長野県によりますと、現在リニア工事の残土を受け入れるのは飯田市と大鹿村で伊那市は上伊那で初めてだという事です。
また、28日の議会ではこのほかに、新型コロナ対策として小中学校の修学旅行のキャンセル費用の公費負担や子育て世帯の臨時給付金の支給などを含む9億2千万円の補正予算案も可決されました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る