伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
212/(水)

ニュース

縄文時代の干支「丑」の土鈴づくり 

縄文時代の干支「丑」の土鈴づくり 

 縄文時代の土の鈴を、来年の干支 丑の形で作るイベントが、伊那市の創造館で行われました。
 19日は、伊那市内の親子など20人がイベントに参加しました。
 創造館では、毎年この時期に、干支の土の鈴・「()(れい)」を作るイベントを行っていて、今回で11回目です。
 土()(れい)は、1万5000年前から2800年前の縄文時代にも作られていたということで、その音色を楽しんでもらおうというものです。
 参加者はあらかじめ考えてあった丑のデザインにそって作品を作っていました。
丑の形以外で自由に作品を作る人もいました。 
 土鈴は、乾かした後、来月上旬に窯で焼き、参加者が持ち帰るということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る