伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
212/(水)

ニュース

認知症 病状や支援方法学ぶ

認知症 病状や支援方法学ぶ

認知症の病状や支援方法を学ぶ学習会が市内の大型店で18日開かれました。
学習会は認知症への理解や知識を深めてもらおうと、伊那市が毎年開いています。
初回のきょうは伊那神経科病院の高橋丈夫(たけお)院長が講師を務めました。
高橋さんは認知機能の低下の例として「●些細な事が気になったり●物事を言い換える事ができないなどがあります」と説明しました。
支援については「家事や家庭菜園など役割を与え、手助けする事が大切だ」と話していました。
 
 

前のページに戻る 一覧に戻る