伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ14℃ / 1℃今日の天気:南信
晴れ15℃ / 2℃12月3日(木)
晴時々曇13℃ / 1℃12月4日(金)
晴時々曇14℃ / 1℃12月5日(土)
曇時々晴15℃ / 1℃12月6日(日)
曇時々晴16℃ / 2℃12月7日(月)
曇時々晴15℃ / 3℃12月8日(火)
212/(水)

ニュース

麻でできたswitch式ヘンプマスク

西野工房がネット販売始める

麻でできたswitch式ヘンプマスク

伊那市御園で洋服の仕立て直しを行っている西野工房は麻でできたswitch式ヘンプマスクを作りインターネットでの販売を始めました。
switch式ヘンプマスクを作った西野工房代表の西野()雅也()さんです。
MとLの2つのサイズがあり西野さんが麻炭と呼んでいるマスクは3,200円、生成りは2,500円でネット販売されています。
布地を上下に分け、半分は伸び縮みがないしっかりとした着け心地、もう半分は伸び縮みする、ゆったりとした着け心地を組み合わせて織ったものです。
顎の部分と鼻の部分のフィット感を好みで代えられる織り方が特徴で特許を出願しています。
また耳にかけたときに痛みがないように耳掛けのひもの長さが調節できるようになっています。
布地に使われている麻は肌触りがよく、アクセントとして一部が草木染めで色づけされています。
西野さんは総合学習に力を入れている伊那小学校に子どもを通わせようと2018年に千葉県から移住してきました。
取引のある会社から依頼された洋服の仕立て直しを自宅の工房で行っていて新型コロナウイルスの感染拡大により必需品となったマスク作りを4月から始めました。
マスクは西野工房のホームページから購入でき麻炭が3,200円生成りが2,500円となっています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る