伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ12℃ / -5℃今日の天気:南信
曇一時雨8℃ / 0℃1月22日(金)
曇のち雨10℃ / 2℃1月23日(土)
雨時々雪10℃ / 1℃1月24日(日)
晴一時雪13℃ / -1℃1月25日(月)
曇一時雨11℃ / -1℃1月26日(火)
曇一時雨13℃ / 1℃1月27日(水)
211/(木)

ニュース

信州の伝統野菜に高遠町の唐辛子2品種が選定

「高遠てんとうなんばん」と「芝平なんばん」

信州の伝統野菜に高遠町の唐辛子2品種が選定

長野県が地域の食文化を守るために選定している「信州の伝統野菜」に、伊那市高遠町で栽培されている唐辛子2品種が新たに選ばれました。
21日は、伊那市の定例記者会見が市役所で開かれ、先月県から選定されたことを白鳥孝市長が紹介しました。
選ばれたのは、山室・小原地区で栽培されている「高遠てんとうなんばん」と、芝平地区で栽培されていた「芝平なんばん」の2品種です。
「高遠てんとうなんばん」は、上向きに育つのが特長で、長谷中学校などが栽培している八房(やつふさ)トウガラシとは異なる種類だということです。
1735年の古い書物に、同様の品種が栽培されていたことが記載されていて、現在は13戸が年間20キロほどを栽培しているということです。
「芝平なんばん」は、古くから三義芝平地区で育てられていたものです。
昭和50年代に芝平から上山田地区に集団移転した際、少数ながら栽培が継承されていたということです。
現在は2戸が年間20キロを栽培しています。
21日は、唐辛子の研究をしている信州大学の松島憲一(まつしまけんいち)准教授も出席し、選定までの経過を説明しました。
信州伝統野菜は、昭和30年代以前から栽培されている品種が対象で、県内では79品種となっています。

前のページに戻る 一覧に戻る