伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇り14℃ / 3℃今日の天気:南信
曇のち雨11℃ / 4℃3月5日(金)
曇り20℃ / 6℃3月6日(土)
曇一時雨12℃ / 4℃3月7日(日)
曇一時雨12℃ / 3℃3月8日(月)
曇り14℃ / 3℃3月9日(火)
晴時々曇13℃ / 2℃3月10日(水)
43/(木)

ニュース

伊那市当初予算案367億円

伊那市当初予算案367億円

伊那市は、過去最大となる総額367億6700万円の来年度一般会計当初予算案を、19日発表しました。
市では、市民生活の充実のための選択と集中予算としています。19日は市役所で定例記者会見が開かれ、白鳥孝市長が概要を説明しました。
新型コロナ対策とアフターコロナを見据え感染症対策事業に6億円を計上しています。
コロナ関連の主な事業は、ワクチンの集団接種の実施や、予約や問い合わせに対応するコールセンターの運営等コロナワクチン接種事業に3億円。
 公立・私立保育園の感染症対策用の備品や消耗品の購入に1300万円。
 生涯学習センターのトイレの手洗い器の自動水栓化工事に120万円などとなっています。
コロナ関連以外の主な新規事業は、
新山保育園の建て替えに5億円。
西春近公民館の建て替えに6億1千万円。
長谷総合支所の新しい庁舎建設に向けた事業に2000万円。
市役所を主会場に伊那市の新産業技術の取り組みの紹介や体験イベントを行う、新産業フェスの開催に1億5千万円。
西箕輪の旧大萱市営住宅跡地に建設する産学官連携拠点施設整備事業に2700万円。
満1歳になるまで1年分のおむつ用品を支給する、乳児おむつ用品支給事業に1000万円などとなっています。
教育関係では、不登校児童生徒の訪問支援を行う教育支援コーディネーターの配置に320万円。
児童一人ひとりの習熟度によってAIが最適な問題を出題するAIドリルの導入に500万円などとなっています。
来年度の一般会計当初予算案は、今年度と比べ21億2900万円多い367億6700万円と過去最大となっています。
市民税は、前年度より12.6%減の33億6000万円ですがふるさと納税は返礼品を充実させたことから好調で18億円の寄付を見込んでいます。
来年度の一般会計当初予算案は26日から始まる市議会3月定例会に提出されることになっています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る