伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇時々晴18℃ / 4℃今日の天気:南信
晴のち曇18℃ / 6℃4月16日(金)
曇時々雨18℃ / 9℃4月17日(土)
晴一時雨16℃ / 6℃4月18日(日)
晴れ20℃ / 5℃4月19日(月)
晴れ22℃ / 5℃4月20日(火)
晴れ22℃ / 6℃4月21日(水)
154/(木)

ニュース

ストレス減で飼育 鶏肉販売

信州大学農学部 直売所

ストレス減で飼育 鶏肉販売

ストレスを減らした環境で家畜を飼育した鶏肉の販売が南箕輪村の信州大学農学部で3日から始まりました。
販売しているのは鶏の胸肉、もも肉、手羽元の3種類で、それぞれ2キロ入りです。
価格は、胸肉が1,500円、もも肉が2,000円、手羽元が1,300円です。
家畜のストレスを限りなく少なくし、快適な環境で飼育する事をアニマルウェルフェアと言います。
農学部では、去年の7月から、大学の敷地内に施設を作りアニマルウェルフェアの研究を進めています。
多くの農家では1平方メートルあたり16羽飼育しますが、農学部では11羽と密度を減らし、毎日2時間、明かりを消し睡眠環境を整えたという事です。
また、抗生物質は与えていません。
きょうは、農学部の直売所で、アニマルウェルフェアの研究をする竹田謙一准教授が、報道関係者に説明をしました。
竹田准教授は、「出荷までの日数が40日と一般的なものと比べ10日少なく、年間の回転数を増やす事で農家にとってもメリットがある取り組みだ」と話していました。
農学部では来年度もアニマルウェルフェアに取り組み、4回ほど鶏肉を出荷する予定だという事です。
 

前のページに戻る 一覧に戻る