伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
269/(月)

ニュース

延命地蔵菩薩 一般公開

延命地蔵菩薩 一般公開

 中川村にあった守屋貞治の石仏「延命(えんめい)地蔵(じぞう)菩薩(ぼさつ)」が伊那市高遠町の歴史博物館で一般公開されています。
幕末に全国で活躍した高遠石工の代表格としてその名を知られる守屋貞治の石仏「延命地蔵菩薩」です。
この石仏は、東京在住で実家が中川村にある新井(あらい)将史(まさふみ)さんが高遠町歴史博物館に寄託したものです。
新井さんは、東京で暮らしているため管理するのが難しいと考え歴史博物館に協力を求めました。
新井家の墓地にあった延命地蔵菩薩を今年2月末に博物館へ移設しました。
高遠町歴史博物館では、15日にお披露目会を計画していましたが、新型コロナの影響で中止とし、13日から一般公開しています。
石仏は御影石で作られた台座部分に高さおよそ54センチの菩薩が座り、右手に(しゃく)(じょう)、左手に宝珠を持っています。
高遠町歴史博物館では、新型コロナが落ち着いたら石仏を寄託した新井さんを招いてのイベントを計画しています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る