伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
188/(木)

ニュース

伊那市50年の森林づくり植樹祭

伊那市50年の森林づくり植樹祭

伊那市が進める50年の森林(もり)ビジョンに基づく植樹祭が29日、伊那市長谷の鹿()(れい)高原で行われ、長谷小学校の児童や協賛企業の社員など120人がミズナラの苗を植えました。
鹿嶺高原内の伊那市が保有する3ヘクタールの山林で植樹が行われました。
用意された600本のミズナラの苗を、穴を掘って1本ずつ植えていきました。
植樹祭は市が50年後の森林(もり)のあり方や市民との関りを定めた「50年の森林(もり)ビジョン」の一環で2019年に始まりました。
去年は新型コロナの影響で中止となり今回が2回目となります。
ミズナラの根が地中深くまで伸びることで保水力が高まるということです。
この市有林には以前はカラマツが植えられていましたが、ミズナラの木に転換させることで災害に強い山林にしていきたい考えです。
白鳥(しろとり)(たかし)伊那市長は「みなさんが植えたミズナラの木は50年後に立派な木となります。成長した木をまた見に来てください」と小学生に呼びかけていました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る