伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴のち曇36℃ / 23℃今日の天気:南信
曇のち雨33℃ / 23℃8月7日(土)
雨のち曇34℃ / 23℃8月8日(日)
曇一時雨33℃ / 23℃8月9日(月)
曇一時雨32℃ / 22℃8月10日(火)
曇一時雨31℃ / 22℃8月11日(水)
曇時々晴31℃ / 21℃8月12日(木)
68/(金)

ニュース

入野谷在来種を焼畑で栽培

入野谷在来種を焼畑で栽培

南箕輪村の信州大学農学部は、20グラムの種から復活させた長谷地域在来のそば「入野谷在来種」を焼畑で栽培し、どのような食味の変化や優位性が得られるか実証実験を行います。
20日は信州大学農学部の植物遺伝育種学研究室の学生・大学院生およそ20人が伊那市長谷非持山の畑で、間伐された広葉樹の枝を焼きました。
畑を、土の上で木を燃やした区画、別の場所で燃やした灰をまいた区画、何もしない区画の3種類に分け、そばの生育や味を比較します。
長谷では昭和20年代まで焼畑でそばが栽培されていたということですが、炭焼きなど山の利用が少なくなったことや、化学肥料使用などの理由で行われなくなりました。
信州大学農学部では、焼畑でのそばの特徴や優位性を分析しようと、実証実験を行います。
伊那市のミドリナ委員会と地域振興に取り組む長谷さんさん協議会は、森林資源を活用してよりプレミアムなそばを栽培したいと、信大農学部に協力を呼びかけ、今回実験が行われることになりました。
中心メンバーのそば店壱刻(いっこく)の店主で信州大学農学部の大学院に通う山根(やまね)健司(けんじ)さんです。
火入れが終わると、入野谷在来の種を1区画に80グラムずつまきました。
収穫は9月末の予定で、製粉して成分や食味について調査するということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る