伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
245/(火)

ニュース

108個の火の玉 大萱伝統「百八灯」

108個の火の玉 大萱伝統「百八灯」

伊那市西箕輪大萱で16日、108個の火の玉を吊るす送り盆の行事「百八(ひゃくはっ)(てい)」が行われました。
百八灯は江戸時代から大萱地区に伝わる送り盆の行事で、108個の玉に火を灯し、無病息災や害虫駆除を願います。
毎年、区内の中学生が飾りつけをして火を付けますが、今年は新型コロナの影響で公民館役員のみで行事を行いました。
山越(やまこし)重信(しげのぶ)区長は「来年こそは集まって地区行事ができるようにという願いも込めて百八灯に火を灯した」と話していました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る