伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴のち曇29℃ / 18℃今日の天気:南信
曇時々雨28℃ / 19℃9月22日(水)
晴一時雨28℃ / 18℃9月23日(木)
晴時々曇29℃ / 16℃9月24日(金)
曇時々晴26℃ / 17℃9月25日(土)
曇時々晴25℃ / 16℃9月26日(日)
曇時々晴26℃ / 16℃9月27日(月)
219/(火)

ニュース

中尾歌舞伎が2年ぶり公演

中尾歌舞伎が2年ぶり公演

伊那市無形民俗文化財の中尾歌舞伎の今年度の公演が11月と12月に初めてのダブルキャストで行われます。
本番を前に、中尾歌舞伎保存会の稽古が8日から始まりました。
伊那市長谷中尾にある中尾座に出演者が集まりました。
稽古初日の8日は台本の読み合わせをしました。
今回の演目は「神霊(しんれい)矢口(やぐちの)(わたし) (とん)兵衛(べえ)住家(すみか)(だん)」です。
去年は新型コロナの影響で公演が全て中止となり、2年ぶりとなります。
コロナ対策として、無観客公演でキャストを2班に分けて1日ずつ出演するダブルキャストとなります。
また、役者同士が対面でセリフを言わないことやマイクで声を拾い、大声を減らすなどの対策を行うということです。
物語の時代は、鎌倉幕府滅亡後です。
足利家と新田(にった)家が権力争いをしていました。
渡し守の(とん)兵衛(べえ)の家に新田(にった)(よし)(みね)と恋人のうてなが、追っ手から逃れるため訪ねてきました。
頓兵衛の娘のお舟は(よし)(みね)に一目惚れをしてしまいます。
足利の味方をしていた頓兵衛は、金目当てに義峰を狙いますが、お舟が身代わりとなり、刀で切られてしまいます。
最後の力を振り絞ってお舟が太鼓を叩き、二人を逃がすという悲恋の物語です。
稽古は毎週1回行い、来月からは立ち稽古が始まるということです。
中尾歌舞伎の今年度の公演は11月3日と12月4日に中尾座で行われます。

前のページに戻る 一覧に戻る