伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
245/(火)

ニュース

故北原安定さんの所蔵品 市に寄贈

故北原安定さんの所蔵品 市に寄贈

伊那市高遠町出身でNTT副社長などを務めた故北原(きたはら)安定(やすさだ)さんが所有していたべっ甲を使った帆船(はんせん)の置物が7日伊那市に寄贈されました。
7日は安定さんの息子の北原俊史さんらが伊那市高遠町の「読書楼」と呼ばれている生家を訪れ、安定さんが所有していたべっ甲を使った帆船の置物を白鳥孝市長に渡しました。
これがべっ甲を使った帆船の置物です。
安定さんがNTT副社長に就任した時に、当時中曽根内閣の外務大臣を務めていた長崎県出身の故倉成(くらなり)(ただし)さんから贈られたものです。
俊史さんによりますと、40年から50年ほど前、長崎県ではべっ甲細工が伝統工芸品でしたが、ワシントン条約によって材料が輸入できなくなったため、大変貴重で最高級品だということです。
俊史さんは「父はデジタル化が夢だった。伊那市はそれをがんばっている場所ということで寄贈しました。大切にしてもらえたら嬉しいです。」と話していました。
伊那市では、多くの人の目に触れる公共の場所に飾る予定です。
 

前のページに戻る 一覧に戻る