伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
188/(木)

ニュース

南箕輪村開発公社経営再建プラン 策定

南箕輪村開発公社経営再建プラン 策定

南箕輪村開発公社のあり方について検討する「再建検討委員会」は、「2023年度決算で黒字化を目指す」ことなどを示した経営再建プランを策定しました。
村議会全員協議会が6日に役場で開かれ、開発公社理事長の藤城栄文村長がプランの概要を説明しました。
経営再建プランでは、公社が実施している事業の存在意義や経営不振の原因などを分析し、その結果について示しています。
事業ごとの経営方針については、アウトドア部門を強化し収益の柱の1つにする方針です。
赤字経営となっていた大芝荘の宴会、宿泊については12月31日に利用権を村に返却するとしています。
全ての部門を合わせた3か年の営業収益は、来年度が1,000万円の赤字、2023年度が130万円の黒字、2024年度は200万円の黒字を目指すとしています。
また、大芝荘の利活用について藤城村長は、「民間委託した場合は5年間でおよそ1億円の指定管理費用がかかることが予想される。取り壊した場合の費用と比較しながら検討していきたい」と話していました。
村では、大芝荘を新型コロナワクチンの集団接種会場として来年8月まで利用する計画で、その間に具体的な方針を示したいとしています。

前のページに戻る 一覧に戻る