伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
712/(水)

ニュース

地酒「やまむろ」 新酒完成し奉納

地酒「やまむろ」 新酒完成し奉納

伊那市高遠町の地酒「やまむろ」の新酒が7日出来上がり、関係者が鉾持神社内にある酒の神「松尾社(まつおしゃ)」に奉納しました。
「やまむろ」は高遠町の酒販店などでつくる「高遠旨い酒研究会」が作った日本酒です。
高遠農事(のうじ)法人(ほうじん)山室が栽培した酒米「ひとごごち」を100パーセント使用し、地元の酒蔵の株式会社仙醸で醸造したものです。
7日は研究会のメンバーなどおよそ15人が「松尾社(まつおしゃ)」に奉納し、新酒ができたことに感謝していました。
「やまむろ」は1本720ミリリットル入りで税込1,320円です。
高遠町内の酒販店の()寿屋(すや)商店(しょうてん)十一屋(じゅういちや)商店(しょうてん)酒舗(しゅほ)にんべん、桜井(さくらい)酒店(さけてん)の4店舗で10日から1,000本限定で販売されます。
 
 

前のページに戻る 一覧に戻る