伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
712/(水)

ニュース

満光寺で松の雪吊り

満光寺で松の雪吊り

伊那市高遠町西高遠の満光寺(まんこうじ)で、雪の重さから松の枝を守る雪吊りの作業が21日行われました。
満光寺の境内にある3本の松に、雪吊りの縄が張られていました。
支柱から縄が伸び、雪の重みで枝が折れないように支えられています。
境内の中心にあるのは、一目見ただけで極楽に行けるといわれる「極楽の松」です。
武田信玄の弟、武田(たけだ)(のぶ)(かど)が高遠城主の時、信玄の遺言で城内にあった黒松をこの寺に植えたと伝えられています。
60年間住職を務める兼子展(かねこてん)(せい)さん88歳です。
作業にあたったのは、箕輪町の小池造園の職人です。
大雪に備え、例年より縄を増やして対応したということです。
作業を担当した酒井(さかい)正希(まさき)さんです。
満光寺の雪吊りは来年3月中旬まで見ることができます。
 

前のページに戻る 一覧に戻る