伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ10℃ / 0℃今日の天気:南信
晴れ9℃ / -3℃1月27日(木)
晴れ7℃ / -4℃1月28日(金)
曇時々晴7℃ / -4℃1月29日(土)
晴時々曇7℃ / -4℃1月30日(日)
晴時々曇6℃ / -5℃1月31日(月)
曇時々晴7℃ / -5℃2月1日(火)
261/(水)

ニュース

高校再編 伊那新校 開校令和10年度以降に

高校再編 伊那新校 開校令和10年度以降に

伊那市の伊那北高校と伊那弥生ケ丘高校を再編統合する新しい高校について「開校は令和10年度以降のなるべく早い時期に」「募集学級数は8クラス・320人以上」とする方針が確認されました。
21日は、伊那北高校と伊那弥生ケ丘高校の再編統合について議論する伊那新校再編実施計画懇話会が伊那市の伊那合同庁舎で開かれました。
長野県教育委員会では新校の校地は現在の伊那北高校を活用する方針で、校舎は大規模改修が必要だとしています。
設計と工事を合わせた施設整備には、少なくとも6年必要としていて、開校時期は施設整備を終えた令和10年度以降としています。
21日の懇話会では施設整備の基本コンセプトが示されました。
県教委は、施設整備の素案として、校舎は省エネルギー化を進めるとともに、エネルギーを創り出す仕組みを取り入れ、学習空間については探究的な学びに対応した使いやすいデザインにしたいとしています。
また伊那北と弥生を合わせ募集学級数は現在、11から12クラスですが、今後の人口減少を考慮して新校では8クラス・320人以上を維持していくとしています。
出席者からは、10クラスを望む声や開校時期を1年でも早くしてほしい等の意見が出されていました。
県教委では、懇話会の中間まとめをもとに伊那新校再編実施基本計画を策定し、なるべく早い時期に県議会に提出し、同意を得たいとしています。
懇話会では今後、校名や校歌、統合の方法などについて議論をしていく予定です。
 

前のページに戻る 一覧に戻る