伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
271/(金)

ニュース

信州高遠美術館 原田コレクション作品展

信州高遠美術館 原田コレクション作品展

 伊那市高遠町の信州高遠美術館で、原田コレクション収蔵作品展が、24日から始まりました。
 会場には、原田(はらだ)政雄(まさお)のコレクション73点が展示されています。
 原田政雄は、高遠町出身の画家・写真家で、収集家でもありました。
 コレクションの軸となるのが、木内(きのうち) (よし)と、福沢(ふくざわ)一郎(いちろう)の作品です。
 1892年生まれの木内克の作品は、素焼きの粘土「テラコッタ」で制作されているのが特徴です。
 裸婦像は、手びねりで作られた作品で細部を省いた作りながら、女性の身体のしなやかさが表現されています。
 1898年生まれの福沢一郎は、シュールレアリスムの作品を制作し、1970年代には地獄絵の連作を発表しています。
 また、原田コレクションには浮世絵が54点あり、そのうち状態の良い歌川(うたがわ)(くに)(よし)歌川(うたがわ)(くに)(さだ)の作品17点が展示されています。
 原田コレクション収蔵作品展は、来年2月27日までです。
 入館料は、一般500円、高校生以下は無料です。
 

前のページに戻る 一覧に戻る